転職

看護師として働くことがつらい

Pocket

看護師として働く人の中には「看護師を辞めたい」と思ったことがある人が半分以上います。
 

困るナース 
  
 
実際に看護師の資格は持っているけど、看護師として働いていない「潜在看護師」と呼ばれる人の人数は55万人にものぼると言われています。
 
 
それほど看護師の仕事を離れてしまう人が多いのですが、実際に看護師として働いていたけど結局違う仕事に写ってしまった人は、どんな理由で看護師が嫌になってしまったのでしょうか? 
 
 
 

看護師を辞めてしまった理由

 
実際に看護師として働いていたけど、違う仕事に転職をした人や、出産を機に看護師を辞めて復帰をしなかった人の声をまとめてみました。
 
 

・体力的にしんどくて長く続けることが出来ないと思った
 
・夜勤勤務に入らないといけないことがストレスだった
 
・プライベートの時間が一切取れなかったため
 
・子育てと両立することが難しいと感じたため
 
・残業時間が長過ぎて疲れてしまった
 
・休日に勉強会や研修でリフレッシュすることが出来なかった
 
・命を預かる仕事というプレッシャーに耐えられなかった
 
・看護師特有のドロドロした人間関係が嫌になってしまった

 
実際に看護師として勤務をしたけど辞めてしまった人の中には、体力的な問題と精神的なストレスが大きな要因としてあげられます。
 
 
体力的についていけなかったという人の中には「残業や休日出勤でヘトヘトになってしまい体調を崩してしまった…」という人も少なくありません。
 
 
実際に適応障害や鬱(うつ)病になってしまったことで、休職せざるおえなくなってしまって、結果的に看護師を続けることが出来なくなってしまった人もいます。
 
 
また看護師の職場では、患者さんの命を預かる仕事であるため精神的なプレッシャーや看護師特有の派閥やイジメなどの人間関係によってストレスを感じてしまうケースも非常に多いです。
 
 
 

看護師を辞めた後はどうするの?

 
では実際に看護師を辞めた人は、その後どんな仕事をしているのでしょうか? 
 

・OLとして勤務出来る職場を探した
・保健師の資格を活かして転職した
・ケアマネージャーの資格を取った

 
看護師を辞めて他の仕事を探そうと思った時に、一番壁となってくるのが「給料」ではないかと思います。
 
 
看護師の仕事は、他の仕事に比べても給料水準が高いと言われています。
 
 
そのため看護師以外の仕事へ転職しようと思った時に、月10万円以上給料に差が出てしまうこともあるため転職することに躊躇してしまうかもしれません。
 
 
考えるナース 
 
 
そのためOLとして働くにあたっても、コールセンターや営業職など、比較的給料の高い職場へ転職する人が多くいます。ただ給料の高い仕事はそれだけ大変な面もあり、結局残業や休日出勤は変わらなかった…という人もいます。
 
 
また保健師の資格を持っている人は保健師として転職を考える人もいますが、看護師に比べると求人が圧倒的に少なくなってしまいます。また新しく資格を目指す人の中には、ケアマネージャーとして転職をしようと考える人もいます。
 
 
ただ実際に看護師を辞めて転職をしようと思っても、なかなか思うような仕事が見つからないケースも多いため、もしあなたが「看護師を辞めたい」と思っているのであれば、少し落ち着いて考えてみてからにしてもいいかもしれません。
 
 
 

看護師の仕事の選択肢は幅広い

 
看護師の仕事を辞めたいと思っている人の中には、自分自身が勤めていた職場が全てだと感じている人も多いのではないかと思います。
 
 
「急性期病院で働いていたけど、私には合っていなかった」
 
「先輩看護師から、あなたは看護師に向いていないと言われた」
 
「患者さんの命を預かるというプレッシャーに耐えられない」
 
 
など色んな理由から、看護師を辞めたいと思うこともありますが、実際に悩んでいる理由によっては「看護師という仕事の中で転職することで解決出来る」というケースも少なくありません。
 
 
ではどんな職場であれば、今あなたが感じている悩みは解決されるのでしょうか?
 
 
 

転職によって悩みは解決出来る

 

特に病院で働いている看護師であれば、残業の長さで悩んでいる人も多いのではないかと思います。急性期病院などであれば、どうしても救急患者が入ってくると残業が出てしまいます。
 
→残業が少ない職場に転職をする
クリニック、美容クリニック、検診センター、介護施設、訪問看護、療養型病院、企業、保育園など
 
 

大学病院や国公立病院など、どうしても規模の大きな病院では、時間外や休日であっても研修や勉強会に参加しなければいけなかったり、委員会の集まりや看護研究の発表の準備をしなければいけなくなってしまいます。
 
→休日に勉強会がない職場に転職をする
150床以下の個人病院、クリニック、検診センター、介護施設、企業、保育園など
 
 

病院では勤務をしていると、どうしても患者さんの命に関わる場面に立ち会うことになります。そのため救急で運ばれてきた患者さんに、手を施しても助からないケースもどうしても出てきます。そんな中で、自分自身に責任を強く感じてしまい、看護師という仕事がつらくなってしまう人もいます。
 
→患者さんが亡くならない現場で働く
クリニック、美容クリニック、検診センター、企業、保育園
 
 
ビジネスウーマン 1番
  
 
看護師の職場は様々な選択肢があるため「今の職場がどうしてもつらい…」と感じている場合であっても、看護師として働く職場を変えることで解決されることがほとんどです!
 
 
もしあなたが「看護師として働くことがつらい…」と感じているのであれば、ぜひ今働いている職場以外にも目を向けてみてもいいかもしれません。
 
 

転職サイトランキング