転職

大学病院を辞めたい

Pocket

新卒で大学病院に入った人の中には、大学病院特有の看護師の悩みを抱えている人も多いのではないでしょうか?
 
 
困るナース
 
 
大学病院では教育体制が整っていて、給料が高くて、福利厚生が充実しているようなイメージを持つ人も多いのではないかと思いますが、実際に大学病院で働いている看護師は「給料も低くて、休みが多いように思われるけど実際は勉強会や研修でつぶれてしまって自分の時間が一切取れない…!」と嘆く人も少なくありません。
 
 
そのため大学病院で働く看護師の中には、「今の職場をすぐにでも辞めたい!」と感じている人も多くいます。
 
 
 

大学病院の看護師が辞めたくなる時

 

・毎日19時を超えるサービス残業ばかり
・やることが多い割に給料が低い
・休日は勉強会や研修が当たり前
・委員会や看護研究に時間が取られる
・勉強する内容が多すぎる
・実践スキルが身に付かないのが不安

 
大学病院の看護師は給料や福利厚生が充実しているようなイメージがありますが、実際には残業がほとんどサービス残業であったり、給料もそこまで高くないのが現実です。
 
 
そのため専門学校が同じだった友人に久しぶりに再会をしてお互いの近況を話す中で給料の話になると、自分の病院の給料の低さに愕然としてしまう時もあるのではないでしょうか?
 
 
また大学病院特有の悩みとして、実際の看護業務以外の勉強量が非常に多いということがあげられます。
 
 
年間休日120日以上の大学病院であっても、休日は勉強会や研修の強制的に参加させられるケースが多々あります。更には研修費用が自己負担であったり、更には交通費も実費…!なんて病院もあるようです。
 
 
また業務終わりに委員会のミーティングがあったり、看護研究の発表の準備に時間が取られたりして「気づいたらずっと仕事をしている状態になってしまい自分の時間が一切取れない…」と悩む人も少なくありません。
 
 
また大学病院では医師の数が多いことから、看護師が点滴や採血を実践する場が少なくて、なかなか看護スキルが身に付かないことに不安を感じてしまいます。
 
 
 

大学病院を辞めたい人へ

 
大学病院出身の看護師の場合、採用されやすい場合と敬遠されてしまう場合に分かれてしまいます。
 
 
採用されやすい理由としては、大学病院出身ということで勉強がしっかりと出来るだろうというイメージや、一つのところで長く続けてくれるのでは?というブランドイメージがあるためです。
 
 
ビジネスウーマン 1番
 
 
また敬遠されてしまう理由として「スキル面への不安」と「ギャップへの懸念」があります。
 
 
まずスキル面への不安として、大学病院では医師や研修医の数が多いこともあり、看護師自らが患者さんの点滴や採血をはじめ看護業務を提供する場が少ないため、実際に即戦力として働いてもらえるか?という部分が大きい理由としてあげられます。
 
 
またギャップへの懸念に関しては、大学病院は設備面や体制面で整った環境で働いていたこともあって、大学病院ほど整っていない病院に転職する場合は、採用する側として「最新設備がないことや体制が整っていないと感じて早期退職になってしまうのでは?」という懸念が出てきます。
 
 
だからこそ大学病院からの転職を考えているのであれば、まずは自分一人で転職活動をすることは危険です!
 
 
大学病院出身だからこそ、教育体制が整っている職場への転職を考えたり、休みの日にしっかりと自分の時間を取れる職場を探すことが重要になってきますが、それを実現するためには病院の内部情報を事前に聞いておくことが重要です。
 
 
そのためにも看護師転職サイトに相談をしてみることをおすすめします! 
 
 
ビジネス 接客
 
 
転職サイトであれば教育体制をはじめ、職場の人間関係、有給取得率、休日に勉強会がないか…などを事前に確認することが出来ます。
 
 
もしあなたが大学病院から、他の病院への転職を考えているのであれば、ぜひ看護師転職サイトに相談をしてみましょう!
 
 

転職サイトランキング