待遇面

サービス残業ばかり

Pocket

看護師の職場の特徴として、残業は必ずといっていい程ついてきますよね。
 
 
困るナース 
 
  
私が転職サイトのエージェントをやっていた時にも「残業が多いという理由」で転職を考える人が非常に多かったのを覚えています。また中でも、サービス残業ばかりの職場で働いている人は、病院への不満がすごかったです…(^^;)
 
 
もしあなたが今働いている病院でサービス残業ばかりでつらい…と悩んでいる人のためにも、残業代がしっかりと出る職場についてまとめてみました!
 
 
 

残業代が出る職場と出ない職場

 
残業代については、出る出ないは病院によってもそれぞれです。病院の中には「サービス残業なんてやって当たり前!残業代を請求するなんて常識外れ」と言わんばかりの上司がいるような職場もあるのではないでしょうか?
 
 
ただ看護師の職場は、数多くあります。そのような鬼のような職場ばかりではありません(笑)
 
 
ではサービス残業ばかりの職場とは、どのような職場でしょうか?
 
 

・赤字経営の病院
・考え方が古い病院
・100床以下の個人病院
・病棟の師長が残業をつけない

 
 
まずは残業代が出ない職場の特徴についてですが、赤字経営のように経営状態が悪い職場では、どうしても残業代が出ないケースが非常に多いです。もし赤字経営の病院の場合、基本給が下がってしまったりボーナスがカットされたりと、それどころではないような病院も少なくありません。
 
 
また院長や病院のオーナーの考え方として「残業=美徳」と考えているようなケースもありますが、そのような場合はいくら看護師として残業代を請求したところで受け入れてもらえることは非常に難しいです…。
 
 
また100床以下など規模の小さい個人病院では、残業代も「なあなあ」になってしまうケースが多く、シフトカードは定時に押すのに、その後も1〜2時間は残業している…なんてこともあります。
 
 
また非常に多いのが、病院によっても病棟ごとの師長の考えによって残業代の付け方が違うというケースです。
 
 
例えば外科病棟で働いていた時は、10分ごとに残業代がついていたのに、内科病棟に変わってから師長の考え方として「18時までは残業をつけるけど、それ以降の残業は自分の仕事能力の遅さが原因だから残業代はつけない」となってしまい残業代としてついていた月5万円が病棟異動で減ってしまった…という人もいます。
 
 
 

残業代が出る職場に転職したい

 
もしあなたが今働いている職場でサービス残業ばかりで悩んでいるのであれば、残業代がしっかりと請求出来る職場に転職することを考えてみてもいいかもしれません。
 
 
例えば上記の「残業代が出ない職場の特徴」とは異なった病院を探すのがポイントです。
 
 
例えば黒字経営の病院であったり、大学病院、国公立病院、400床以上の総合病院などを転職の時には視野に入れて考えてみてもいいかもしれません。
 
 
ただ実際には、配属された病棟の師長によっても「残業代の捉え方」は全くことなるため、入ってみないと分からないことも多いのではないかと思います。
 
 
そこで看護師転職サイトのエージェントに相談してみることで、病院の内部情報を聞く事が出来るのでおすすめです!
 
 
ビジネスウーマン 1番 
 
 
転職サイトでは、これまで働いていた看護師の口コミや評判などを把握しているため「◯◯病院であれば、消化器外科病等の師長は人によって残業代も付ける付けないを決めてしまうみたい」であったり「◯◯病院では、元々の給料の固定残業時間手当がついているので、それ以外はサービス残業になってしまう」など普段では聞けないような情報を聞くことが出来ます。
 
 
残業代が付くのと付かないのでは月給で10万円以上変わってくるケースも多いため、転職の際には必ずチェックしておきたいポイントですね。
  
 
「入ってか思ってたのと違った…!」とならないためにも、看護師転職サイトに相談しながら転職活動を進めましょう!
 
 

転職サイトランキング