体調不良

腰痛がつらい

Pocket

看護師として働く人の中には、看護師の仕事を始めてから腰痛持ちになってしまったという人も多いのではないでしょうか?
 
 
頭を抱えるナース
 
 
看護師の仕事は想像以上に体力を使う仕事でもあるため、どうしても腰に負担が出てしまいます。そのため元々腰痛持ちだった人は更に悪化してしまい患者さんの介護業務も出来ない程になってしまうケースも少なくありません。
 
 
では実際に腰痛がつらいと感じている看護師の悩みについてまとめてみました。
 
 
 

看護師が腰痛持ちになってしまう原因

 

・介助業務が頻繁にある
・中腰での業務が多い
・患者さんの体位変換

 
 
看護師の業務内容の中には、患者さんの介助業務も出てきます。トイレ介助、入浴介助、車いすの補助など一人の人間の体重を支える場面が多くあるため、どうしても腰に負担がかかってしまい腰痛になってしまう人が多いと言われています。
 
 
また中でも、看護業務が中腰になっている時間が多いこともあり、姿勢からも腰痛や中にはヘルニアになってしまう人も少なくありません。腰痛は看護師の職業病とも言われていることから、ほとんどの看護師は、一度は腰痛を経験したことがあるのではないでしょうか?
 
 
 

腰痛になってしまったら?!

 
 
もしあなたが今の職場で、腰痛がつらくて仕事に集中出来ない…ということであれば、働く職場環境を変えてみるのも一つの手段ではないかと思います。
 
 
ビジネスウーマン 1番
 
 
基本的に腰痛になってしまう原因が「患者さんの介助業務」がメインになってくるため、介助業務がない職場に転職することが、腰痛の改善には一番ベストかもしれません。

 
 
介助業務がない職場といえば…

・クリニック
・病院の外来
・検診センター
・企業看護師
・保育園看護師

 
 
上記の職場であれば、基本的には寝たきりの患者さんがいるわけではないので、介助業務が発生することもありません。
 
 
そのため、病棟や介護施設で働いていて腰痛がつらくて辞めたい…と思っている人には転職することをオススメします。また転職先を選ぶ時には、面接のタイミングで「今の腰の状態」を伝えておくことも非常に重要です。
 
 
入ってから「あれ?以外と腰に負担がかかる仕事が多い」となってしまうと、また職場を選びなおさなければいけなくなってしまいます。そのため看護師転職サイトなどを利用して、事前に職場の情報収集もしっかりとしておくことが重要になってきます!
 
 

転職サイトランキング