体調不良

鬱(うつ)病になってしまった

Pocket

ここ数年でも鬱(うつ)病になってしまう患者さんは増え続けています。ある調査期間のデータによると長期休暇をしている看護師の中でも3分の1がメンタル面の不調により休んでいるということが分かりました。
 
 
困るナース
 
 
それほど看護師の仕事はハードワークでもあり、また心身ともにストレスを感じやすい職場と言えるのではないかと思います。
 
 
実際に、私自身が転職サイトのエージェントをやっていた時も、うつ病がキッカケで休職になってしまった看護師からの相談をよく受けていました。
 
 
うつ病になってしまったキッカケは本当に人それぞれです。では多くの看護師はどのような理由でうつ病になってしまうのでしょうか?
 
 

うつ病になってしまう理由

 

・職場の人間関係
・残業の多さ
・休日が休めない
・仕事へのプレッシャー

 
看護師の多くがうつ病になってしまう原因は上記の4つのどれかに当てはまると言われています。
 
 
まず看護師がうつ病になってしまう最も大きな原因が「職場の人間関係」です。というのも看護師の職場は女性がほとんどなので妬みや嫉妬からイジメに繋がったり、どうしてもグループに分かれてしまって派閥に繋がってしまうケースも多々あります。
 
 
とくに性格的に周りに気を遣うタイプほど先輩看護師からキツくあたられてしまい、体調に支障が出てしまうことが少なくありません。
 
 
また、うつ病になってしまう原因として精神的なストレスに加えて身体的な疲労も大きな原因と言われています。そのため看護師の仕事には必ずといっていい程付いてくる残業や休日出勤が原因で、なかなかリフレッシュ出来ずに疲労が溜ってしまうこともあります。
 
 
また看護師の仕事は、患者さんの命を預かることからも仕事上のプレッシャーは他の仕事に比べても比じゃないくらいの責任がのしかかります。だからこそ、日々の患者さんの命に関わる場面に遭遇する度に、プレッシャーを感じることで精神的なストレスになってしまうこともあります。
 
 

うつ病からの復帰について

 
もしあなたが現在、うつ病になってしまって悩んでいる場合、看護師として復帰が出来るか不安に思っている人も多いのではないでしょうか?
 
 

「このまま病気が治らなかったらどうしよう」
 
「看護師として復帰しても、また病気になったらどうしよう…」

 
 
部屋でスマホを見る女性 
 
 
など一度うつ病になってしまうと、ネガティブな予想ばかりをしてしまって不安になってしまいます。ただ私自身、色んな看護師の相談を受けてきた中で言えることとしては、うつ病になってしまった人でも看護師として復帰をして、やりがいを持って看護師として働いている人は多くいるということです。
 
 
ただうつ病で休職をしている中で、看護師としての復帰を考えた時に気をつけないといけないことがあります。
 
 
それは絶対に無理をしないことです!
  
 

・以前働いていた職場には戻らない
・残業の少ない職場で働く
・休日の取りやすい職場で働く
・夜勤はなしに日勤のみの勤務にする

 
  
上記の4つに関しては、うつ病からの復帰の際に特に気をつけておきたいポイントです。まず1つ目の「以前働いていた職場には戻らない」に関しては、特に大切なことになります。
 
 
あなたがうつ病になってしまった原因のある職場に戻るということは、ほぼ100%に近い確率でうつ病を再発してしまう可能性があるためです。人間関係をはじめ職場環境など、あなたがうつ病になってしまう程、ストレスに感じることが必ずあるため、復帰をする際には必ず転職をしましょう!
 
 
ビジネスウーマン 1番  
 

また転職先を探す字時に気をつけておきたいのが「残業、休日、夜勤」です。
 
 
どうしても身体に負担が大きくなってしまうことは、復帰の初めの方が避けておいた方がベストです。例えば、非常勤勤務で週3日から身体を少しずつ慣らしていくくらいでもいいかもしれません。
 
 
あなたが現在、うつ病で悩んでいるとしても将来的に看護師として復帰をすることは可能です!不安もあるかもしれませんが、今はしっかりと休職をして心身ともにリラックスした状態で休めておきましょう。
 
 

転職サイトランキング