体調不良

不眠症になってしまった

Pocket

看護師として働き始めて不眠症になってしまった…という人も多いのではないでしょうか?
 
 
部屋でスマホを見る女性
  
 
実は不眠症は看護師の職業病とも言われているくらい、不眠症に悩むナースは多いと言われています。
 
 
 
「夜勤に入り始めてから、通常の夜がなかなか寝付けない」
 
「眠りが浅いのか、朝起きても疲れが取れていない」
 
「朝早くに目が覚めてしまう」
 
「夜眠れないせいで日中の集中力がもたない」
 
 
 
など、、、看護師の仕事は不眠症に悩まされるケースが非常に多いのです。
では実際に不眠症になってしまったら、どうすればいいのでしょうか?
 
 
 

不眠症になってしまう原因とは?!

 

・交代勤務による不規則な生活
・仕事のプレッシャー
・職場の人間関係によるストレス
・日中に出かけることがない

 
 
看護師が不眠症になってしまう原因として、大きな原因が「交代勤務」による生活リズムの乱れです。
 
例えば2交代、3交代などで日勤と夜勤の交代勤務をしている場合、どうしても日中の時間に睡眠を取らないといけなくなってしまいます。それになかなか慣れなくて、上手く寝付けなくなってしまったり睡眠途中に目が覚めてしまうこともあります。
 
また中には、通常は夜勤明けの翌日は休みになるのが普通ですが、人手不足の職場なんかでは、夜勤明けの翌日に日勤や夜勤が入っていて、なかなかリフレッシュすることが出来ないまま仕事に行くことで更に生活リズムが崩れてしまうケースも少なくありません。
 
また、不眠症になってしまう原因の一つとして「精神的なストレス」も理由にあげられます。
 
看護師として働いていく上で、どうしても感じてしまう仕事へのプレッシャーをはじめ、人間関係のストレス、残業や休日出勤によるストレスなど、看護師ならではのストレスも多いのではないかと思います。
 
 
 

不眠症になってしまったら?

 
では、実際に不眠症になってしまったら、どのような対策をすればいいのでしょうか?
 
 

日勤のみの勤務形態に変更する

まず不眠症で悩む看護師のほとんどが、日勤と夜勤の勤務交代をしていることが多いため生活リズムを整えてあげることが大切です。そのため、まずは上司の相談してみることをおすすめします。「交代勤務で不眠症になってしまったので、日勤のみの勤務にしてほしい」と伝えましょう。夜勤がなくなるだけでも、朝起きて夜寝るという規則正しい生活リズムが作れるので不眠症も解消されやすくなります。
 
 

ストレスのない職場に転職する

不眠症になってしまう原因として、職場の人間関係や仕事のプレッシャーがあるため、職場環境を変えることで不眠症が解消されるケースも非常に多いです。そのため、あなた自身が今の職場でストレスに感じていることを明確にして、そのストレスがない職場に転職することも視野に入れて考えてみましょう!また日勤のみの勤務形態に変更したくて異動を打診しても、異動が叶わない場合にも、転職を考えてみてもいいかもしれません。
 
 
 
もし、あなたが現在不眠症で悩んでいるのであれば、職場環境を変えることが一番の解決方法になります。なやなか休みが取りづらい場合、リフレッシュ出来ないことが原因で不眠症になってしまうこともあります。
 
ただ実際には、入職してみないと「本当に日勤のみで働けるのかな?」であったり「人間関係が本当にいいのか不安…」ということもあると思います。そのため、もしあなたが転職を考えているのであれば看護師転職サイトに相談してみることをおすすめします!
 
 
ビジネス 接客
 
 
転職サイトであれば、実際に働いている看護師の評判や口コミなども把握しているため「入ってからイメージと違った…」ということも少なくなるかと思います。不眠症は悪化すると鬱(うつ)病になってしまう恐れもあります。
 
だからこそ、あなたにあった職場を探すためにも、ぜひ看護師転職サイトに相談をしてみましょう!
 
 

転職サイトランキング