科目

整形外科を辞めたい

Pocket

整形外科で働いている看護師の中には、心身ともにストレスを感じている人も多いのではないでしょうか?
 
 
考えるナース
 
 
整形外科の仕事は他の科目と少し特色が異なることも多いため、人によっては合う合わないがハッキリしています。看護師の中には「整形外科で一度働いていたけど、もう絶対に働きたくない!」という人も少なくありません。
 
 
では整形外科で働く人の悩みはどのようなものがあるのでしょうか?
 
 
 

整形外科を辞めたくなる時

 

・介助業務が多すぎる
・体力仕事が多くてヘルニアになった
・患者さんからのクレームが多い
・毎日の残業時間が長過ぎる

 
 
整形外科で働く看護師の中でも、一番の悩みとしてあげられるのが「介助業務の多さ」です。
 
 
整形外科に入院している患者さんは骨折をして、自分の力ではなかなか動くことが出来ない患者さんも多いため、入浴介助、トイレ介助をはじめ体位変換や車椅子の介助など、患者さんの介助業務をしている場面が非常に多くなります。
 
 
また介助業務をやっていく中でも、特に男性の患者さんの場合、女性看護師からしてみれば2倍くらい体重がある患者さんの介助業務はかなりの力を使うことになるため中には腰を痛めてしまったり悪化してヘルニアになってしまう人も少なくありません。
 
 
腰痛を持ちながらも、毎日そのような介助業務を繰り返していると、どうしても「今の職場を辞めたい…!」と感じてしまうのではないかと思います。
 
 
 

整形外科を辞めたい人へ

 
もしあなたが整形外科で働いているけど、どうしても他の配属先に転職をしたいということであれば、どのような職場がいいのでしょうか?
 
 
まず「整形外科で腰を痛めてしまった…」という人は、腰に負担のない仕事を探すことをおすすめします。腰に負担の少ない仕事といえば、オペ室、透析室、外来などがあげられます。病棟では整形外科以外であっても、どうしても患者さんの介助業務が必要になってくるため腰に負担がかかってしまいます…。
 
 
ただ腰痛の症状によっても「介助業務がないくらいであれば、ある程度の仕事はしても大丈夫」という場合もあれば「長時間立ちっぱなしの仕事は腰に負担がかかるから良くない」など、症状によってもそれぞれ状況は異なります。
 
 
だからこそ、あなたが整形外科以外の職場を探す時は、看護師転職サイトに相談することが一番のおすすめです!
 
 
ビジネス 接客
 
 
転職サイトであれば「あなたがどうしても整形外科が嫌な理由」を聞いてくれた上で、転職先の提案をしてもらえます。
 
 
自分自身では探しきれないような求人も把握しているため、より多くの選択しから仕事を探すことが出来るので、整形外科以外の仕事をしてみたい!という人は、ぜひ看護師転職サイトに相談をしてみましょう! 
 
 

転職サイトランキング