科目

産婦人科を辞めたい

Pocket

産婦人科で働く看護師の中に「今の職場を辞めたい…」と感じている人も多いのではないでしょうか?
 
 
考えるナース
 
 
産婦人科は看護師の職場の中でも、唯一「生命の誕生に関われる職場」になります。他の病棟では、どうしても病気や怪我で苦しむ患者さんばかりになってしまいますが、産婦人科では新たに生まれてくる命への期待に包まれた空間になるため、雰囲気が明るい病棟になります。
 
 
ただ実際に産婦人科で働く看護師の中には「自分は産婦人科に向いてない」と感じてしまい、転職を考える人もいます。では、どんな理由で産婦人科が嫌になってしまうのでしょうか?
 
 
 

産婦人科を辞めたくなる時

 

・中絶や流産を目の当たりにすることも
・助産師と看護師の派閥が面倒くさい
・雑用を任されてしまうこともある
・デリケートな悩みを抱えている患者さんが多い

 
 
産婦人科で働く人の中には、赤ちゃんが大好きで「新しい生命の誕生」の機会に携わることが出来ることに喜びを感じる人も多いのではないでしょうか?
 
 
ただ実際には全ての妊婦さんが幸せな出産をする訳ではありません。流産や死産になってしまうケースもあれば、障害を持って生まれてくる赤ちゃんもいます。またどうしても人工中絶をしなければいけない場面もあるため、赤ちゃんが大好きで産婦人科を希望した看護師にとってはリアリティショックを受けることになってしまいます。
 
 
また産婦人科を辞めたくなってしまう理由として、看護師と助産師の派閥問題に嫌気がさしてしまう人も少なくありません。
 
 
産婦人科においては、どうしても助産師の方が立場も上になるため看護師に対して冷たく当たるような助産師がいるのも事実です。中には看護師には看護業務ではなく雑用業務をするように命令されるようなこともあるようで、産婦人科で働く看護師が辞めたくなってしまう気持ちも分かります。
 
 
 

産婦人科を辞めたい人へ

 
もしあなたが産婦人科で働いているけど「今の職場を辞めたい…」と悩んでいるのであれば、職場環境を変えるためにも転職を考えてみてもいいかもしれません。
 
 
ビジネスウーマン 1番
 
 
ただ産婦人科出身の看護師の中でも、産婦人科経験しかない看護師の場合、転職活動の時に気をつけておかないといけないことがあります! 
 
 
それは産婦人科経験しかない場合、採用する側としても即戦力を求めているケースが非常に多いため「教育体制が充実している職場」を選ぶ必要が出てくるのです。
 
 
産婦人科と一般的な配属先では、どうしても看護師としての業務内容が変わってくるため、転職をすると一から仕事を覚えていかないといけなくなってしまいます。だからこそ、教育体制がしっかりとした病院を選ばなければ、自分自身も仕事を覚えていく上で非常に苦労することになってしまいます…!
 
 
そのためにも看護師転職サイトに相談してみることをおすすめします! 
 
 
ビジネス 接客
 
 
転職サイトであれば、これまで働いていた看護師の評判や口コミなんかを把握しているため「◯◯病院では、面接では教育体制が整っていると言っているけど実際は人手が足りなくてプリセプーもままならない状態みたい」など普段は聞くことが出来ないような話を聞くことが出来ます。
 
 
あなたがもし産婦人科を辞めて転職を考えているのであれば、ぜひ看護師転職サイトに相談をしてみましょう!
  
 

転職サイトランキング