科目

泌尿器科を辞めたい

Pocket

看護師の中には「自分には泌尿器には合ってない…」と感じている人も多いのではないでしょうか?
 
 
困るナース
 
 

そもそも希望をしてまで泌尿器に配属になったという人はほとんどいないかと思います。
 
それくらい人気がない泌尿器病棟ですが、どのような内容から泌尿器は嫌だと感じることが多いのでしょうか?実際に泌尿器で働く看護師の声をまとめてみました!
 
 
 

泌尿器を辞めたくなる時

 

・女性看護師は仕事がやりづらい
・男性看護師の数の方が圧倒的に多い
・患者さんからのセクハラに耐えられない

 
 
泌尿器を辞めたくなる理由として、最も大きいのが泌尿器ならではの仕事内容ではないでしょうか?
 

泌尿器科では、腎臓や膀胱に加えて男性性器がメインになってきます。膀胱炎、前立腺癌、腎、尿管結石であったり、また淋菌、クラミジア尿道炎などの性病などの診察をすることになります。
 
 
患者さんの割合としても女性よりも圧倒的に男性看護師の数が多くなります。男性患者さんとしても、デリケートな部分になってくるため、女性よりも男性看護師に診てもらいたいという要望も少なくありません。そのため、そもそも女性よりも男性看護師の方が必然的に数も多くなり、泌尿器科だけは男女の立場が逆転している…というケースも多いのです。
 
 
また泌尿器科を辞めたくなる理由としては、それだけ女性が少ない職場であるがゆえ、中には男性患者さんからセクハラ行為を受けてしまうこともあるのです。言葉だけならまだしも、セクハラ行為をしてくる患者さんも中にはいるため、女性看護師にとっては一層辞めたいという気持ちになってしまうのではないかと思います。
 
 
 

泌尿器科を辞めたい人へ

 
もしあなたが泌尿器科を辞めたいと思うのであれば、まずは病棟異動を打診してみることをおすすめします!
 
 
まずは上司に相談することになると思うのですが、その際に一番大切になってくるのは「泌尿器だからつらい」と伝えるのではなく「◯◯科を学びたいから異動を希望している」など他の分野を経験したいと伝えるようにしましょう。
 
 
もし泌尿器科が嫌で…と伝えてしまうと「看護師にとっては泌尿器科の経験を積むことも大切だ」と言われて一蹴されてしまうかもしれません。
 
 
ただ、中にはどうしても院内での異動が受け入れてもらえない病院もあるかと思います。
 
 
その際には、今の職場環境を変えるためにも転職を視野にいれて考えてみても良いかもしれません。ただ「今の職場を辞めたい気持ちはあるけど、次に何がしたいのか分からない…」と悩む人もいるのではないでしょうか?
 
 
その場合、まずは看護師転職サイトに相談してみることをおすすめします! 
 
 
ビジネス 接客 
 

転職サイトであれば、あなたにとってどんな転職先であればベストなのかを相談に乗ってもらえます。やりたい科目が定まっていない場合でも、配属先はもちろん、どんな働き方を今後していきたいのかという相談も出来ます。
 
 
「転職サイトへの登録=絶対に転職をしないといけない」という訳ではありません。
 
 
中には転職サイトに相談をしてみたけど、今の自分にとっては転職はまだ早いから今の職場で頑張ろうと気持ちを持ち直すことが出来たという人もいます。

 
あなたが今の職場で感じている悩みも、まずは相談に乗ってもらうという意味でも、看護師転職サイトに登録をしてみることをおすすめします。
 
 
 

転職サイトランキング