配属先

有料老人ホームを辞めたい

Pocket

有料老人ホームで働く看護師の中には、今の職場を辞めたい…と感じている人も多いのではないでしょうか?
 

疲れた表情の看護士

  
実際に有料老人ホームで働く人の中には、急性期病院で疲れてしまって転職してきた人も多いのではないかと思います。では、なぜ有料老人ホームが嫌になってしまったのでしょうか?
 
 
有料老人ホームで働く看護師ならではの悩みについて、まとめてみました。
 
 
 

有料老人ホームを辞めたくなる時

 

・介護業務がメインのため看護スキルが落ちてしまう
・医師が常駐ではないので看護師の責任感が重い
・看護師の人数が少なく休みが取りにくい
・介護士との人間関係が難しい

 
 
有料老人ホームを辞めたいと感じてしまう看護師の中には、介護業務が多いことに不安を感じる人も多いのではないでしょうか?
 
 
有料老人ホームでは、看護師であっても食事介助をはじめ入浴介助、おむつ交換など介護業務に携わる機会も多くあります。そのため看護師としての業務はほとんどないため「このままだと長い目で見た時に看護スキルが落ちてしまうのでは?」と感じてしまうのです。
 
 
また、介護施設の中でも老健施設とは違い医師が常駐しない施設になります。そのため患者さんの急変が起こった場合には、看護師が全て判断して対応しなければいけません。また日勤帯の場合であれば、一人で1フロアを見ているケースも多いため、全て自分自身で判断しなければいけないため責任感が重いと感じるかもしれません。
 
 
また上記にあげたように、有料老人ホームでは看護師人数が多くありません。そのため休み希望を出したくても、子供の行事なんかが被ってしまうことも考えられます。そうなると順番で休むことになるのですが、看護師人数が少ない職場では休み希望を伝えるのにも非常に気を遣ってしまいます。
 
 
 

有料老人ホーム以外の仕事がしたい

 
もしあなたが今働いている有料老人ホームを辞めたいと考えているのであれば、次にどのような職場に転職するのがベストでしょうか?
 
 
有料老人ホームに転職をしたキッカケが、急性期病院に疲れてしまった…という人であれば、病院に戻るのも気が引ける…という人も多いのではないかと思います。
 
 
だからこそ、あなたが今後どんな仕事をしていきたいのかということを、しっかりと考えておく必要があります。
 
 
介護施設であれば、やはりどうしても介護業務は出てきてしまいます。介護業務で腰を痛めてしまった人であれば、外来業務なんかが身体にとっての負担は少ないかもしれません。また看護スキルが落ちてしまうことに不安がある人であれば、病棟に戻ることも一つの選択肢として入れておいてもいいかもしれません。
 
 
個人的におすすめするのは、今後のキャリアプランについて相談するためにも看護師転職サイトに相談をしてみることです。
 
 
ビジネス 接客
 
 
転職サイトであれば、担当の転職エージェントがついてくれるので、あなたの悩みを聞いてくれた上で将来の選択肢を提案してもらえます。
 
 
有料老人ホームの仕事が嫌なのか、もしくは今あなたが働く職場環境が嫌なのかによっても、選択肢の幅はかなり異なります。転職に失敗しないためにも、是非一度看護師転職サイトに相談してみましょう!
 
 

転職サイトランキング