不安

プレッシャーに耐えられない

Pocket

看護師の仕事は患者さんの命を預かる仕事のため、常にプレッシャーを感じながら仕事をすることになります。
 
 
頭を抱えるナース
 
 
また患者さんの死に直面する度に、自分自身に責任を感じてしまい「強いプレッシャーに耐えられない…」という人もいます。
では、多くの看護師はどのようなタイミングでプレッシャーを感じてしまうのでしょうか?
 
 

例えば、転職をしたばかりの病院で教育体制が整っていない場合もあります。通常は病院が変わればやり方も変わるものですが、備品の説明や病院のやり方についての説明もないまま、あれやってこれやってと指示が飛んできてしまうと、仕事を進めるのも怖いと思う人も多いのではないでしょうか?医療ミスへの不安も大きいため、プレッシャーに耐えられない…という人も少なくありません。
 
 

これまでに関わったことにない業務に携わる時に、プレッシャーを感じるケースもあるのではないでしょうか?実際に初めて携わる業務では最初はプレッシャーを感じますが、時間が解決してくれるものです。例えば呼吸器を触ったことがない人でも、初めは先輩に聞きながら操作をしていくことで、経験さえ積めば必ず慣れていくので安心してください。
 
 

看護師の中には、夜勤勤務にプレッシャーを感じるという人もいます。理由としては、日勤業務では看護師の数が多いので患者さんの急変があっても周りのスタッフに聞きながら対応出来るのですが、夜勤になると人数が少ないので1人の看護師の責任が大きくなります。また2人夜勤の場合なんかであれば、1人が他の業務に対応していると、患者さんが急変した時には1人で全てを対応しないといけなくなってしまいます。
 
 
 

プレッシャーを乗り越えるためのコツとは?

 

入念な準備と予習をしておく

プレッシャーに耐えられないと感じる人の中には、業務の中で「~の状況になったらどうしよう」と心配になってしまうケースが多いです。ただ想定している状況に対して、打開策がない場合に特に不安になってしまうことが少なくありません。そのため翌日の業務の中で不安になりそうなことがあるのであれば、自分にしっかりと予習をしておいたり、先輩看護師に「こういうことがあった時はどうしたらいいですか?」と聞いておくと良いかと思います。
 
 

経験が必ず解決してくれる

特に経験年数がまだまだ長くない時には、プレッシャーをい感じることも多いのではないでしょうか?ただ慣れていないうちは「こんなにプレッシャーを感じるのは自分だけ?」と不安になってしまうかもしれませんが、看護師の多くが慣れない業務の中では、プレッシャーを感じてしまうものです。だからこそ若い内は色々な経験を積むことが非常に重要です。
 
 

夜勤人数が多い職場に転職する

夜勤に対して不安を感じる人も多いですが、実際に夜勤人数が1~2人の場合は看護師に対するプレッシャーは大きくなります。だからこそ、まずは夜勤人数が多い病院であったり、または救急病棟が別途設置されていて夜間の救急を病棟で受け入れることがない病院を選んでもいいかもしれません。病院によって夜勤の特色は全く異なります。だからこそ、一つの病院で夜勤に不安を感じるからといって、日勤のみの仕事に変わるのは非常にもったいないです。
 
 
 
初めのうちは、プレッシャーを感じてしまうことは当たり前です。
 
だからこそ予習をしっかりとしておくこと、また経験を重ねていくこと、また人手が少ない職場や体制が整っていない職場で働いている場合は転職を視野に入れておくことが大切です。
 
 
もしあなたが今の職場から転職を考えている場合には、看護師転職サイトに相談することをおすすめです!
 
 
ビジネス 接客 

 
事前に看護師の人数をはじめ、夜勤体制について、教育体制について情報を聞くことが出来るので「入ってからこんなはずじゃなかったのに…」ということもなくなります。
 
 
今の職場の環境でプレッシャーを感じてしまう場合には、ぜひ看護師転職サイトに相談をしてみましょう。
 
 

転職サイトランキング